社員が興味を持って参加するためには

社員が興味のあるテーマを議題にする

会社の社員教育には、特定の条件に該当する人に参加してもらうものと、募集をして参加したい人だけが参加するものがあります。特定の条件で参加させるときは、参加者の興味は特に関係ありません。半分強制的に参加してもらいます。一方、募集をするときには参加者が参加したいと思わないと参加者が集まりません。集まらなければ開催する意味も少なくなります。募集をして参加者を募る社員教育を行うとき、社員が興味を持つテーマを議題にして募集をするとよいかもしれません。単にマーケティングに関すると言われても具体的な内容が分からず参加者が集まりにくいです。特定の地域や商品に絞ったり、視点を変えた議題にすれば、興味を持ってもらいやすくなります。

社内で一定の実績のある人に講師を依頼

大きな会社であれば、人事部などが社員教育の管理などを行うかもしれません。新入社員教育などの定期的な教育の他、個別にテーマを決めて行う教育もあります。ただ、興味を持ってもらえなければ参加者は少なく、参加してもらっても得られるものがあまりないなどになります。人事部が講師を行うと、なかなか現実的な話ができないかもしれないので、テーマに応じた講師を用意すると良いかもしれません。社内で一定の実績のある人に講師を依頼して行ってもらう方法があります。マネジャーに対する教育であれば、マネジャーとしての一定の実績のある人に出てもらい、体験談などを話してもらいます。そのうえで通常の教育プログラムを行います。より興味深く効いてもらえるかもしれません。