社員教育の対象は新人だけではない?

中堅社員こそ社員研修が必要

社員研修と言えば新入社員に行うイメージがありますが、むしろ中堅社員にこそ行いたいものです。これは経験に応じて求める役割やスキルがありますが、本人にその自覚がなければいつまでも技量が高まらないことが理由となります。それぞれの立場でどのようなスキルが求められているのか、しっかりと把握してもらおうというわけです。例えば入社して3年も経てば、そろそろ自分で様々な判断を下せるようにならなければいけません。そのための判断基準をどのように定めれば良いのかを、社員研修で教えるわけです。あるいは部下ができることで、その教育を行えるだけのスキルも必要になります。きちんとした教育が施せるように、研修で教える必要があります。

経営感覚を身につけてもらうこと

社員はいつまでも雇ってもらっているという自覚を持っていてはいけません。自分が経営者としての感覚を持って業務に取り組むことも必要です。けれども独学でそのようなスキルを身につけようと取り組む人は少ないものです。そこで社員研修を行うことで、経営感覚というものを教える必要があります。その上でお客さんや取引先と接したり、部下を育成することが求められます。社員それぞれに経営感覚を持ってもらうことで、会社は前進を続けることができるわけです。いつまでも会社のトップが先陣を切って会社を動かすわけにはいきません。社員が増えれば責任を分担する必要もありますし、会社の理念を共有した上でそれぞれの判断に任せることも必要になります。